一期一会なFF14あるばむ

FinalFantasy14での活動記録

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極ニーズヘッグ征竜戦でデキるナイトになるためのお話

2017
09

ffxiv0087.jpg 

1.概要

鳥を勝ち取るために周回したいけど・してるけどイマイチナイトの動かし方が分からない。
というナイトのために、現在90周目の自分が掴んだコツをお伝えします。

2.前提

 ジョブ:ナイト

  →ナイト向けのお話なので当然。

 平均IL:265以上

  →HP35000前後を目安に。

 武器:ILが高ければ高いほど良い

  →自分はAWシャープでやってます。

3.具体的な流れ

 ・参考動画

  

  ※一部説明と異なる動きをしていますがご了承ください。


 3-1.開始前

  挨拶と同時に散開マクロを流します。
  実際に使用しているマクロは以下の通り。


/p ○雑魚----------------------------
/p  西:ST 東:MT
/p ○P4塔---------------------------
/p     D1   D2
/p   ST   H1   H2   MT
/p     D3   D4
/p ○P5散開------------------------
/p     D1 D2
/p  ST       MT
/p       火
/p  H1     H2
/p    D3 D4
/p -------------------------------------


  周回勢はギミックを十分理解しているので余計な言葉を入れずに散開位置だけを示します。

  ※余計な文言を入れるとゴチャゴチャしちゃいますしね。


  散開位置が決まったらレディチェックを入れますが

  この時、忍者の有無によってカウントダウン処理が分岐します。

   3-1-1.忍者がいない場合

    レディチェックが○8/8になったらすぐに15秒カウントダウンを開始

   3-1-2.忍者がいる場合

    忍者がカウントダウンやります宣言をしたら任せましょう。

    もし、何も言ってこない忍者がいる場合は

    レディチェック完了後、風遁の音に気を使ってカウントダウンの秒数を適宜変更します。

    基本的に23秒で準備をしておきますが

    変なタイミングで風遁を入れてたらカウントダウンもそれに合わせて変更します。

     →早めに入れてたら18秒とか15秒スタートにするとか


 3-2.開始から1回目カータライズまで

  カウントダウンが始まったら前に出ます。

  開始の流れは以下の通り

  

  ■MTの場合
  カウントダウン1でFoFとランパート
  ↓
  シールドロブを入れつつサークル・オブ・ドゥームとスピリッツウィズイン
  ↓
  フォーサイト・ブルワーク・コンバレセンス・ブラッドバス
  ↓
  レイジ・オブ・ハルオーネを1発入れる※
  ↓
  シールドスワイプが戻ってくる辺りでシェルトロン
  ↓
  ゴアは入れずに飛ぶまでロイヤルアソリティを回す
  ※ゴアブレードは最速で入れればほぼ満額
   レイジ・オブ・ハルオーネの後に入れると10秒前後余るので
   影があれば初手ゴアブレードの方がいいかも。
  ■STの場合
  カウントダウン1でFoF
  ↓
  MTにくっついて突っ込んで最速でサークル・オブ・ドゥーム※
  ↓
  飛ぶまでロイヤルアソリティを回す
  ※最速でサークル・オブ・ドゥームを入れると飛ぶ直前にもう1発入れられる。


 3-3.1回目カータライズ

  北東を凝視して北か東に降りてくればそのまま見て回避。

  南西に降りてきてる場合は、北東側に一瞬影が見えるのでカメラを回転させて回避。


 3-4.雑魚処理

  79%以下になると雑魚がpopします。

  ここもMT時とST時でやり方が異なるので分けて書きます。


  ■MTの場合
  MT側の雑魚は後回しなので忠義の剣で殴っても大丈夫です。
  ニーズヘッグのHPが82%ぐらいになったら忠義の剣に切り替えて
  レイジ・オブ・ハルオーネを準備しておきます。
  雑魚pop
  ↓
  レイジ・オブ・ハルオーネ
  ↓
  シャドウ・ファラクとシャドウ・ウェアドラゴンにサークル・オブ・ドゥームを当てる
  ↓
  シャドウ・ファラクにゴアブレードを入れたらST側に移動
  (前方範囲を撃たせてから移動の意味合いも有り)
  ↓
  自身に付与されているデバフが25秒になったらセンチネル
  ↓
  スイッチタイミングが近づいたらゴアブレードを準備しておき
  挑発が見えたらシャドウ・ウェアドラゴンにゴアブレードを入れる
  ↓
  スイッチ直後は不安定なので2~3回シャドウ・ウェアドラゴンを殴ってから
  シャドウ・ファラク殴りに戻る
  ↓
  あとは流れで雑魚殲滅
  ■STの場合
  ST側の雑魚はDPS陣が殴ってくるので必ず忠義の盾にしておく。
  こちらもレイジ・オブ・ハルオーネを準備しておきます。
  ただし、レイジ・オブ・ハルオーネは判定が遅いので
  サークル・オブ・ドゥームを入れてからレイジ・オブ・ハルオーネを入れると安定します。
  
  雑魚pop
  ↓
  サークル・オブ・ドゥームを入れてからレイジ・オブ・ハルオーネ
  ↓
  ランパート・ブルワーク
  ↓
  殴る
  ↓
  MTにデバフ2が付与されたら挑発してレイジ・オブ・ハルオーネ
  (シャドウ・ブロビニャクが死んでなかろうが挑発)
  ↓
  2コンボ回したら忠義の剣に切り替える。
  ↓
  あとは流れで雑魚殲滅


 3-5.ソウルテザー(線取り)まで

  雑魚を殲滅すると吹き飛ばし→全体攻撃→人型フェーズの開始です。


  この時、全体攻撃の準備でディヴァインヴェールを入れるナイトが多いですが

  来ることが分かりきってる全体攻撃なんてヒーラー様が確実にHPを戻すので

  全体攻撃前にディヴァインヴェールを発動させるのは不正解。

  正解は全体攻撃後の全体回復に合わせてディヴァインヴェールを発動です。

  全体攻撃で死人は出ませんが、次の円形範囲捨て→線取りで死人が出る可能性はあるので

  ここでバリアを用意しておくのが目的です。


  ここからはスイッチでヘイト1位を取り返すまでは忠義の剣で殴ります。

  流れは以下の通り


  ■MTの場合
  全体攻撃後にディヴァインヴェール発動
  ↓
  人型ニーズヘッグを殴り始めると同時にランパート・ブラッドバス
  (必ずランパートは殴り開始と同時に入れること。理由は後述)
  ↓
  ゴアブレードを入れたいところだけどSTRダウン目的でレイジ・オブ・ハルオーネを先に入れる
  ↓
  円形範囲が見えたらフォーサイト・コンバレセンス
  ↓
  もし、DPSが北側の角に円形範囲を捨ててSTが線を取れない場合は線を回収してソウルテザーを受ける
  ↓
  ゲイル範囲を回避した後のアラモーンはシェルトロンで受ける
  ↓
  ゴアブレードをニーズヘッグに入れた後、邪竜の牙にゴアブレードを入れるために準備しておく
  ↓
  爪牙フェーズへ
  ■STの場合
  全体攻撃後にディヴァインヴェール発動
  ↓
  人型ニーズヘッグを殴り始める
  ↓
  円形範囲出現後、南側が見えるようにカメラを回す
  ↓
  線が見えたらインビンシブルを使用して無傷でソウルテザーを処理する
  ↓
  ゴアブレードをニーズヘッグに入れた後、レイジ・オブ・ハルオーネを準備してスイッチに備える
  ↓
  爪牙フェーズへ


 3-6.爪牙処理

  ■MTの場合
  邪竜の牙が出現したら牙に準備しておいたゴアブレード。
  ↓
  ロイヤルで殴る
  ↓
  アイ・オブ・タイラント(頭割り)が見えたら忠義の盾
  ↓
  STに邪竜の牙デバフが付与されたら挑発してレイジ・オブ・ハルオーネを2回
  (STがかなり高火力な戦士の場合は3回)
  ↓
  忠義の剣に戻してゴアブレード
  ↓
  2回目のアイ・オブ・タイラントが終わったらブルワーク・ランパート
  (人型ニーズヘッグへの殴り開始と同時にランパートを使用していると
   このタイミングでランパートがぴったり戻ってきます。)
  ↓
  次のアラモーンはシェルトロンで受ける(ランパートも数秒残ってるはず)
  ↓
  アラモーンを受けたらドラッケンランス前にディヴァインヴェール
  ↓
  塔フェーズへ※
  ※この時、ニーズヘッグのHPが40%未満だと最終フェーズに移行する
  ■STの場合
  MTに邪竜の牙デバフが付与されたら挑発→レイジ・オブ・ハルオーネ
  ↓
  ニーズヘッグを邪竜の牙に重ねるように移動※
  ※アラモーンにシェルトロンを合わせるので必ずニーズヘッグと邪竜の牙が正面になるよう移動すること
  ↓
  邪竜の牙を殴る
  ↓
  あとは流れで邪竜の牙破壊→ニーズヘッグ殴り
  ↓
  2回目のドラッケンランス前にディヴァインヴェール
  ↓
  塔フェーズへ※
  ※この時、ニーズヘッグのHPが40%未満だと最終フェーズに移行する


 3-7.塔処理

  自分に近い側のヒーラーにストンスキンを入れておく。

  

  個人的に、使いみちのないインビンシブルは塔処理後の痛い攻撃に合わせています。

  塔処理後、ニーズヘッグがAAで1発殴ってくるのを見てから2秒後ぐらいにインビンシブルを発動すると

  ドラッケンランスとアラモーンを両方無効化することが出来ます。


  ※ここでもニーズヘッグのHPが40%未満になると即飛ぶので

   41%とかそのぐらいの場合はインビンシブルが勿体無いのでシェルトロンぐらいでok


 3-8.最終フェーズ

  スイッチ時のみ忠義の盾で殴る

  ■MTの場合
  塔処理が飛んでなければアク・モーン後にランパート・フォーサイト・シェルトロン
  ↓
  ヒートウィング回避後、散開
  ↓
  アク・モーン受け後、東側側面に移動して殴る
  (STがヘイトを十分稼げずにこちらを向いた場合、真紅の吐息でDPSヒーラーを巻き込む可能性があるため)
  ↓
  STが十分ヘイトを稼いだことを確認したら真後ろに移動
  ↓
  火球2回目の移動中にディヴァインヴェール→角に移動したらクレメンシー
  ↓
  アク・モーン受け中に挑発
  ↓
  大体この辺りで終了 
  ■STの場合
  2回目のアク・モーンまで殴るだけ
  ↓
  散開後、忠義の盾に切り替えてスイッチ準備
  ↓
  2回目のアク・モーン中、MTに邪竜の怨念デバフ5が付与されたのを確認してから挑発
  ↓
  アク・モーン4回目辺りで北側に移動しながらランパート・フォーサイト・コンバレセンス
  ↓
  火球2回目の移動中にディヴァインヴェール→角に移動したらクレメンシー
  ↓
  アク・モーン受け中にスイッチ
  ↓
  大体この辺りで終了 


4.最後に

 最初にも書きましたが装備が十分揃った状態になっていることを前提としています。

 特にMTの場合は、不十分な装備のまま忠義の剣で殴り続けると

 ST・DPS・ヒーラーにヘイト1位を奪われる可能性があります。


 やばいなと思ったら最初から最後まで忠義の盾で問題ありません。

 MTの役目は火力を出すよりも、痛い攻撃にしっかりバフを合わせる、DPSが全力を出せるようヘイトを稼ぐことです。

 それが出来てから火力を出すことを考えるべきです。


5.おまけ

 かばうについて

 ニーズヘッグの痛い攻撃が物理攻撃なので「かばう」はとても有効です。

 

 暗黒MTでリビングデッドを使わない場合

 一部の強攻撃をフォーサイト・ダークダンスのみで受けるような場面があるので

 そこに「かばう」を合わせてあげると良いと思います。


 が、人によってバフ回しが異なるのでなかなか難しいところです。

 塔前のアラモーン2回目か塔処理後のアラモーン辺りかな?と

関連記事

 FF14 蛮神

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。