一期一会なFF14あるばむ

FinalFantasy14での活動記録

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極ズルワーン・ナイトのバフ回しについて(2017/2/5追記)

2017
05
●2017/2/5 追記(追記部分は

・落下~75%までのブルワークの使い方を修正

・75%移行後の3連メタルカッターに対するバフ回しを変更

・雑魚沸き時の移動の仕方を追記

・おまけに「飛翔の範囲のギリギリを攻める」を追加


●2017/2/1 追記(追記部分はオレンジ
・紋1回目と2回目に使用するバフに誤りがあったため修正
 →雑魚でコンバレ&アウェアネス使用しているので次の紋1回目では使用できない
・スタート時のバフ回しについて追記
・75%~雑魚でのバフ回しを大きく変更
・紋中のシェルトロンの使い方を追記
・頭割り波動砲のノックバック処理について追記

★動画を追加予定(あくまで予定)

極ズルワーンは後半のメタルカッター全てにシェルトロンが合うので
今まで以上にナイト優位であると言えます。


極ズルワーンの鳥が出ません。
リーチかかってるから早く欲しい。

1.最初に

パッチ3.5で実装された極ズルワーン討滅戦をナイトで攻略するためのメモ書きです。
主に防御系のバフ回しのメモ。

2.前提

平均IL:270

3.攻略

 3-1.スタート~落下まで

  ・忠義の盾でスタートと同時にランパート+シェルトロン
   →シェルトロンはカウントダウン中に使っておく
   →→カウントダウン5秒前と同時に使用する

  ・影の有り無しに関わらずハルオ2回入れたら忠義の剣に切り替え
    →忍者の火力が低いと高火力DPSや戦士にヘイトが追いつかれそうになるため。
    →→忍者が高火力であることが分かっていればハルオ1回でOK
  
  ・2回目のハルオ直前でFoFを使用
    →FoF⇒ハルオ⇒忠義の剣⇒ドゥーム⇒ゴアルートの順番で回す

  ・忠義の剣に切り替えたら落ちるまでそのまま

  ・カウントダウン5秒前でシェルトロンを使用しておくと、北のプレートが落ちるのとほぼ同時にシェルトロンが使用可能になる。
   →これで下に落ちるまでの間にシールドスワイプが確定で2回使用可能
   →→運が良ければブロック出来るがより確実にスワイプを2回を入れるため。

 3-2.落下~75%まで

  ・飛翔飛ばしが最優先なので忠義の剣のままで殴る

  ・80%前後残ってたらズルワーンが振り向き次第ブルワーク
    →すぐに移行する程度しか残ってない場合は使用しない

    →必ずブルワークを使用する。


 3-3.75%~雑魚まで

  ・忠義の盾に切り替え
    →信頼出来るヒラとPTを組んでる場合は雑魚までずっと忠義の剣でOK

  ・雑魚まで忠義の剣のまま殴り続ける。

  ・ズルワーンが中心に氷を配置後、振り向いたらブルワーク
    →75%までにブルワークを使用している場合は、メタルカッターを1発受けたらシェルトロン
  ・ズルワーンが氷を配置するために後ろを振り向いたのを確認後、シェルトロンを使用
    →その後、忠義の盾に切り替える。(ブルワークを使用していない場合はここで使用する。)
    →→3連メタルカッターを受け終わったら忠義の剣に切り替える。
    →氷配置後、ズルワーンがこちらを向いたらセンチネルを使用して3連メタルカッターを受ける。

  ・サザンクロスの移動中にシェルトロンを使用してメタルカッターに合わせる。
    →サザンクロス前にシェルトロンを使用している場合はメタルカッター素受け
    →氷設置時にシェルトロンを使用している場合はここでピッタリ使用可能になる。

 3-4.雑魚

  ・忠義の盾に切り替えて沸き位置で待機
   ※参考:この位置だと沸いて即フラッシュで3体取れる。
       そのまま残りの2体をドゥームかフラッシュで取る
ffxiv0090.jpg

  ・雑魚を持つ場合の注意点
    →ナイトは盾を持っているので、攻撃をブロック出来る位置にウィルを持っていく
    →→ウィルを最短ルートでウィットまで引っ張ると後ろから殴られるので
      ウィルをウィットに重ねるぐらいまで引っ張って正面にウィルとウィットがいる状態にすること。

  ※参考画像
   しっかり重ねるように動かしても視線攻撃には間に合う。
d06a6a2d7c13932c21c5d98c41c87713.jpg 
  ・雑魚(1w)
    →フォーサイト+シェルトロン
    →→シェルトロン使用後はウィルの方を向く(大ダメージ攻撃をブロックできるかは運だけど)

  ・雑魚(2w)
    →ウィルを1体取ってランパ+アウェアネス
    →→まとめたらシェルトロン

  ・雑魚(3w)
    →ウィルを取ってコンバレセンス
    →→まとめたらシェルトロン

 3-5.紋1回目まで

  ・忠義の剣スタート

  ・波動砲の詠唱が見えたら忠義の盾

  ・ティルフィング(1回目)
    →ランパート+フォーサイト
    →→ティルフィングを4,5回受けたら忠義の剣に切り替え

  ・サザンクロス後、ズルワーンAAと同時にシェルトロンで次のメタルカッターをブロック
    →シェルトロン+コンバレセンス+アウェアネス
    →シェルトロン+ブルワーク

  ・紋の処理後、テイル・シリ・ハルバのいずれかを回避後、ズルワーンのAAを1発確認後シェルトロンを使用。
    →AAの後に使用してくるメタルカッターをブロックするため。
    →→サザンクロス後のメタルカッターにシェルトロンをあわせた場合、ここでピッタリ使用可能になる。

 3-6.紋2回目まで

  ・忠義の剣スタート

  ・波動砲の詠唱が見えたら忠義の盾

  ・ティルフィング(2回目)
    →センチネル
    →→ティルフィングを4,5回受けたら忠義の剣に切り替え

  ・サザンクロス後、ズルワーンAAと同時にシェルトロンで次のメタルカッターをブロック
    →シェルトロン+ブルワーク
    →シェルトロン+コンバレセンス+アウェアネス

  ・紋の処理後、テイル・シリ・ハルバのいずれかを回避後、ズルワーンのAAを1発確認後シェルトロンを使用。
    →AAの後に使用してくるメタルカッターをブロックするため。
    →→サザンクロス後のメタルカッターにシェルトロンをあわせた場合、ここでピッタリ使用可能になる。

 3-7.頭割り波動砲まで

  ・2回目の紋が終わったら北に向ける

  ・飛翔→頭割りを受けたら外周に移動してズルワーンを内側に向ける
   →デモンクローの詠唱5割ぐらいでインビン
   →→デモンクローを受ける場合ズルワーンのターゲットサークルにめり込んでおくとノックバック後にズルワーンを中央に配置出来る。

4.タンクLBのタイミング

 飛翔2回目でタンクLBを使用する場合は、飛翔の詠唱が終わってズルワーンが飛んでから使用する。

5.おまけ

 ティルフィングへのシェルトロンについて

  ティルフィングは中ダメージの連続攻撃の上、防御バフを使用してヒーラーも手厚く回復する場面なので
  連続攻撃のたった1回をブロックしてもあまり意味がないです。
  だったらサザンクロス後の気が緩んだ場面で飛んでくるメタルカッターに合わせた方が有意義でしょう。

 飛翔1回目スキップについて

  飛翔1回目をスキップするためにDPSを出す必要があるので前半だけでも積極的に忠義の剣で殴りましょう。
  忠義の剣で殴る場合は、必ずヘイトを見ながら忠義の盾でのハルオの回数を調整すること。
  ヘイトを十分稼げたら忠義の剣に切り替えて殴ればOKです。
  飛翔1回目がスキップ出来たらその後は最後まで忠義の盾でも問題ありません。

 飛翔の範囲のギリギリを攻める

  飛翔の詠唱が始まっても、もうちょっとだけ殴り続けられるので
  殴り続けてたら飛翔の範囲が分からなくなった!という場合があったりなかったりするので
  ズルワーンを殴りつつカメラの向きを調整して、まっすぐ上に進むだけで飛翔の範囲に沿って外周まで行けるようにしておきましょう。

  ※参考画像
   上に進むだけで飛翔と外周ギリギリを攻められるカメラ向き
9fb6dbb1681d93124d94443cf7db9e25.jpg 

おわり

ズルワーン鳥取れたら鳳凰なので頑張ろう
関連記事

 FF14 蛮神

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。